沿革

沿革

2007年(平成19年)11月7日 少額短期保険業の準備会社、「富士菱少額短期準備株式会社」を設立
2008年(平成20年)11月1日 「エスエスアイ富士菱株式会社」に社名変更
2009年(平成21年)2月16日 関東財務局長(少額短期保険)第48号として登録を完了
2009年(平成21年)3月16日 山梨グリーン共済会の業務及び財産を管理委託
2009年(平成21年)5月16日 「医療保険【50歳からの入院保険】」を発売開始
2012年(平成24年)5月18日 業務拡大に伴って、本店を山梨県から大阪府へ移転
2012年(平成24年)6月1日 近畿財務局長(少額短期保険)第8号として登録を完了
2013年(平成25年)3月27日 「医療保険【50歳からの入院保険】」の被保険者数10,000人に到達
2014年(平成26年)3月27日 「医療保険【50歳からの入院保険】」の被保険者数10,916人に到達
2014年(平成26年)9月27日 「定期保険【葬儀充当型保険】」を販売開始
2015年(平成27年)3月27日 「医療保険」「定期保険」を合わせた被保険者数11,129人に到達

ロゴマークの由来

1.MI(Mind Identity:マインド・アイデンティティ)

ロゴマークの3本の曲線はお互いが支えあうという『相互扶助の精神』あるいは『互助の精神』を表現しています。

2.BI(Behavior Identity:ビヘイビア・アイデンティティ)

当社の社名である富士菱は『 富士 』+『 菱 』の造語です。 当社は、平成21年2月16日から平成24年5月30日まで山梨県に本社を置いていた少額短期保険会社でした。山梨県の歴史的なシンボルである武田菱と富士山が湖面に写った姿が菱型に見えることから、菱富士と呼ばれていることから名を頂いて、富士菱と名付けました。また、当社のロゴマークは3本の曲線で山梨県のシンボルでもある富士山をイメージしたものとなっていて、ロゴマークに使われる赤は春と秋に太陽を受けて輝く赤富士をイメージしたものです。

3.VI(Visual Identity:ヴィジュアル・アイデンティティ)

富士山をモチーフにした3本の曲線は「当社」「代理店」「契約者」が支えあう姿を表現していて、三本の曲線の赤色は「愛情」「情熱」「生命」を表現しています。