はじめての入院保険

「入院日数は短くすんだけど、色々とお金がかかった…」こんな悩みはありませんか?
入院期間がますます短くなっていく今の医療は保険を選ぶポイントも変わっていきます。「はじめての医療保険」は、家計への負担が少ない保険料で入院初期費用がまかなえる入院一時金タイプの医療保険です。幅広いタイプの方に寄り添える今の時代にピッタリの新しいタイプの保険です。

「はじめての入院保険」で実感できる4つのポイント

わかりやすく手軽な入院保険として、プラスαの安心を確保したいという方にもピッタリです。

安心

1

給付金のお支払は
5営業日以内

のスピード支払です

※書類に不備があった場合はお時間を頂くことがあります。

安心

2

1日入院しただけで

10万円(69歳まで)
または

5万円(70歳以上)の
保障あり

30日間入院の場合は
プラス10万円(69歳まで)
または5万円(70歳以上)の
保障あり

安心

3

医師の診査は不要、

簡単な告知で
OK

安心

4

満15歳から
満84歳まで

の方がお申込みいただけます

満89歳まで更新できます

はじめての入院保険シミュレーション

性 別  男性   女性 
年 齢
月額保険料:
給付金:
通算支払限度金額:

安心の保障内容

30日間以上の入院は、満15歳~満69歳はさらに100,000円、満70歳以上はさらに50,000円となります。

※告知書の内容によりましては、保険契約をお引き受け出来ないケースもございます。
※通算支払限度金額に到達した場合は、通算支払限度金額に到達した日の翌日に保険契約は消滅します。
※保険期間を通じた支払限度は、上記に定める通算支払限度金額までとします。

ご契約までの流れ(例)

はじめての入院保険のQ&A

Q
保険料はどのくらいかかるの?
A
満15歳~84歳まで(更新契約は満89歳まで)加入でき、保険料は男性で月々1,460円~5,880円、女性で月々1,420円~4,740円と家計の負担が少ない手頃な保険です。給付金・支払日数(1回の入院につき)・通算支払限度金額は800,000円です。
◆たとえば、60~64歳の女性の場合。
月々2,750円の保険料で1日目~29日間のご入院で10万円が受け取れ、30日以上のご入院でさらに10万円が受け取れます。
Q
1入院ってどういうこと?
A
同一のケガや疾病によって2回以上の入院をした時は、1回の入院とみなします。
*ただし、退院日の翌日から同一のケガまたは疾病によって再入院がない場合、給付金のお支払いをした最終の入院の退院日の翌日から60日経過後に開始した入院については新たな入院とみなします。
Q
給付の対象外ってどういうこと?
A
入院一時金が支払われた最終の入院の退院日の翌日から、60日を経過していない入院は給付金の支払いの対象外となります。
Q
通算支払限度金額って、どういうこと?
A
通算してお支払いできる給付金の上限を通算支払限度金額といいます。支払われた給付金が通算支払限度金額を超えますと、残りの保険期間の契約が消滅します。
*契約更新後は、更新日の満年齢に適用される給付金が適用されます。
Q
持病があって、薬を飲んでいても加入できる?
A
最近1年以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けられている場合は、保険契約のお引き受けが難しいケースもございます。
告知書では、過去1年以内に病気やケガで連続7日以上の入院か、同じ病気やケガなどで20回以上の通院治療を受けたかどうかをお尋ねしています。また、慢性疾患のため、医師から治療をすすめられたり、慢性疾患が治ってから5年以上の場合は、告知書の記入は「いいえ」となります。また、手術を受け、治ってから1年以上の場合も、告知書の記入は「いいえ」となり、該当しません。
*慢性疾患とは、①悪性腫瘍 ②消化器疾患 ③循環器疾患 ④呼吸器疾患 ⑤神経・筋疾患 ⑥腎・尿路疾患 ⑦代謝・内分泌疾患 ⑧精神疾患 ⑨運動器疾患 ⑩血液疾患 ⑪アレルギー性疾患および膠原病 ⑫耳鼻咽喉および眼疾患 ⑬女性性器疾患 以上13項目をいいます。