<平成30年9月3日更新>平成30年8月30日からの大雨にかかる災害により被害を受けられた皆様へ【第1報】

このたびの災害により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
平成30年8月30日からの大雨による災害により、山形県は1市3町3村に災害救助法の適用を決定しました。
少額短期保険会社では、災害救助法が適用された地域の被災者のご契約について、以下の特別措置を実施しております。
保険証券、届出印鑑等を紛失した保険契約者様等については、申し出の保険契約内容が確認できれば、保険金等の請求案内を行うなど可能な限りの便宜措置をはかります。
保険金給付金の支払いについては、契約者様のお申し出により、必要書類を一部省略するなど、通常の場合よりも簡便かつ迅速なお取り扱いをいたします。
お客様のお申し出により、契約更新も含めた保険料のお払込みについて、猶予する期間を最長6ヶ月間まで延長いたします。
 
今回、災害救助法が適用された地域は次のとおりです。
【法適用日】
8月31日
【災害救助法適用市町村】
<山形県> 新庄市(しんじょうし)、最上郡 最上町(もがみぐん もがみまち)、最上郡 舟形町(もがみぐん ふながたまち)、最上郡 真室川町(もがみぐん まむろがわまち)、最上郡 大蔵村(もがみぐん おおくらむら)、最上郡 鮭川村(もがみぐん さけがわむら)、最上郡 戸沢村(もがみぐん とざわむら)
※災害救助法施行令第1条第1項第4号適用